メディア

■外資系のメディアの求人
外資系のメディアの求人は、マスメディア向けのマーケティング・プロモーション・広告宣伝、プレスリリース作成、コピーライト、印刷媒体の制作・校正などがあります。
営業や広告・販促の経験を求めている求人も多く、メディア関係の仕事でなくてもこれらの業務経験があればアピールポイントになります。
営業関係の求人の場合は営業の経験と、コミュニケーション能力が評価されます。

■外資系のメディアの求人応募に必要な英語力
英語力がなくても応募できる外資系のメディアの求人もありますが、英語力を必須条件としている求人もあります。
求められる英語力の目安としてTOEICのスコアを挙げている求人も多く、日常会話レベルであるか、ビジネスレベルであるか目安となるスコアが変わります。
ビジネスレベルだと600〜700ほどのスコアが求められ、ポジションや業務内容によっては最低でも700位上のTOEICスコアが求められます。
ビジネスレベルの英語力があり、応募条件にマッチする経験やスキルを持っている方は、外資系のメディアの求人応募に有利になります。
日常会話レベルでも、入社してから英語力向上を目指せる方はコミュニケーション能力を重視する求人にチャレンジしてみる価値はあります。
ネイティブの英語力は業務をこなすうちに向上していくので、ビジネス英語を身につけるには向上心を持っていることが不可欠です。
積極的な姿勢は面接でも評価されますので、TOEICのスコアが応募条件ギリギリでも、学ぶ姿勢をアピールすることで担当者の目に留まる可能性が高くなります。
英語だけでなく、韓国語や中国語など、他の言語もできるとより歓迎されます。
英語力以外に、外資系のメディアの求人では仕事内容によりますが交渉力、コーディネート力、情報収集力、分析力、企画力などが求められますので、自分の強みを分析し、何を強みとしてアピールできるのかを考えてみましょう。